カテゴリ:○○を考える。(攻略系)( 2 )

「EV2分切りなんて無理っすよ・・・」
そんな寝言に対していつも私は
「イケるいける、頑張ればいける」
なんて返しているんだけど、返してはいるんだけど・・・返しては・・
うん、やったことはじつは無いんだなコレが。
確かに固いなーなんておもっていながらもダラダラやってるし、
以前配信関係で配信主がマスタリー云々で検証していたこともあって
うーん・・・まぁそんなに悩む必要もないかな、頑張れ頑張れ言っておけば
EM認定変態仲間の彼なら壁をポポンと越えてくれると思ってはいたが、
いろいろあって、チョット手持ち無沙だったので
じゃあチョット試しにやってみようかな?というのが今回の話。
今回は「○○を考える系」の話なので画像は大量です。

とりあえずEVのスペックからみておく。
モンスター協会の情報からの引用になるが。

HP19000
抵抗60/65/65/55/100
属性:エレメンタル(風エレ)
まぁ、毒弱点の体力バカと考えればさほど困るような敵ではない。
で、ここから更に踏み込んだデータとしては
・グループパワー有り
・湧き間隔は倒されたあと約3分
この2つが挙げられる。
特に前者は厄介でタイムロスになる一番の要因なので気を配らないといけない。

とりあえず大体の目安として汎用戦士状態で殴りかかってみる。
ここで言う「汎用戦士」はこんな感じのスキル構成。
d0378819_13162659.jpg
典型的な守備型の白豚。
武器は昔のセオリーどおりブレスタ。
今回はエレ特攻はタリスマンで済ませたのでコレを使いました。
d0378819_13190413.jpg
こういう武器は使ってて楽しい。
あとライフリ100%はボケッとしてるだけでバンプ効果と合わせて
3体に囲まれようが全くボケッとしてても問題ないので好きだね。
が、問題はタイムだ。
d0378819_13224672.jpg
アイテム取ってから止めてなかったのに気づいてSS取ったけど
それでもロスは7~8秒。約4分での討伐。
とりあえずの目標タイムが2分なので圧倒的に遅い。
てなわけで、ここで装備とスキルを変更していこう。

とりあえず入れるべきは木こり、解剖学といったところか。
それと・・・DPS計算表をみて一番ダメが出そうなのは・・・うん、両手斧。
経験上野良EV用の武器は回避低下は必須だし・・・こんな感じ?
d0378819_13314775.jpg
d0378819_13324994.jpg
本当であれば、両手斧は速度を入れず
速度脚で速度補強して追加効果FBを入れたかった。
本当であれば、解剖学も戦術も120を入れたかった。
本当であれば、上手く調整してレイス化したかった。
改良の余地はまだまだたくさんあるものの
チョット今瑞穂キャラが無駄遣いしていることも有りお金が無いため
今回は妥協の産物で挑むことになった。
特にパワスクは結構頑張っているつもりなんだけど全然出ないね・・・。
同等クラスの装備・スキルのキャラを全サバに2人づつ出荷しているとは言え、
資金的な問題も有りスペシャリストを作れてないのが辛い。
ただまぁ、こうやっておけばうちが賽を投げられて試してるように
何処かで廃人戦士に響いてタイムを大幅更新してくれると思っている

まぁ戯言はここくらいにして話は戻そう。
とりあえず殴ってみることに。
まぁでもただ殴るだけではつまらないのでレッサーヒリュウ(未育成)も一緒にやってみるか。
d0378819_14105298.jpg
えっほえっほ。

d0378819_14134446.jpg
SS撮影ソフトもUOSUを使って棺桶オープンマクロと同じキーにしてみたり
小細工をしてやってみたらあっさり2分切りのタイムが。
でも個体差がどうも結構ある感じで
d0378819_14193573.jpg
2分をあっさり余裕で超えてしまったりするケースも有る。
こういうの葉瞬間風速で考えるのではなく、アベレージで考えたいので
大体5秒くらい(ダメージにして約800ちょい?)縮められれば、ということで
まぁ手数増やせばいいんでしょ?ということでボーラを引っ張り出す。
理想であればvolem等スロット低いまま特殊能力を発揮できるペットが
いいのだろうが、これも残念ながらこのキャラは未所持なので……

d0378819_15523675.jpg
あたり個体を引くとこんな感じでいいペースでゴリゴリ削れる

d0378819_15591134.jpg
ベストタイムがコレかな。1分40秒。
何戦かかしているうちにペットもスキルが上がってきたのか
徐々に無視できないレベルのダメージの積み重ねで
思った以上にタイムを詰めることが出来た。
平均をとっても1分53秒と余裕の2分切り。
コレでまず第一個めのハードルはクリアとみていいだろう。




ここまでが序章。本当の目標は1分半切り。
EVは約3分湧きで、このフロアには3体湧く。
また、複数EVが集まるとグループパワーで無駄に固くなる。
と考えていくと、1分半で一体倒せるなら、
理論上はタイマンで高速状態を維持しつつ討伐が可能と考えている。
個人的には、詰めれる場所は山ほどあると考えているので私が思うに
1分20秒台前半くらいまでは行けるのではないだろうかと思っている。
とりあえず、ベストタイム換算で10秒縮めるためにやれることはまだまだ有るので
遠くない未来に完全な体制での再挑戦を考えている。

やれることなどのメモ
・解剖学戦術120にする
・ダメ100にしつつ速度35維持できるようにする
・ペットをきちんと育成しておく。できたらvolem。
・追加魔法が有る武器を使う

正直これらだけで1分半は切れると思うんだがさてさて。

[PR]
by todaysUO | 2018-05-26 16:12 | ○○を考える。(攻略系)
※今回は攻略を考える的な、いつもの日記記事でないので画像大量です。

4/16~17 瑞穂・シャドウガードにて。
d0378819_21391514.jpg
「困ったな、自分鐘楼出来ないしな」
・・・よくある話。
個人的にはリクター(爬虫類系湧きボス)よりも難しいと思っている。
リクターはまぁ、スタミナ削ってしまえば雑魚だし?
割とソロで小部屋埋める際、シャドウガードをやるときにネックになるのが鐘楼なのだが
今の所隣接戦士がド安定で鐘楼部屋を埋めるのは結構難しいとされている。

まぁ戦士でよく見るのがフェイントパターン(大小など)
d0378819_21033827.jpg
画像は大小スタイル。

か、ダブスト・イグノアで大ダメージ与えて吸収しながら押し切るパターン(両手斧など)
d0378819_21153500.jpg
画像は両手斧スタイル。

になるのだが、正直このドラの回避率がちょっと前のパブリッシュで上方修正され、
以前よりも遥かに回避率が高くなってしまったため、難しさに拍車がかけられた。
じゃぁなんとか殴られずに倒せないものかと考えたのが今回の弓スタイル。
まず最初に鐘楼で遠隔武器に関するおさらいをしてみたいと思う。

1・ステージ上以外からの攻撃は無効。(でもモータルなどは入る)
d0378819_21205826.jpg
ステージ外から視線も通る場所は通るし、攻撃が当たるエフェクトも出る。
しかし肝心のダメージが入らない。

2・ドラは鐘楼の高台の上の草の生えている箇所しか歩けない。
d0378819_21240127.jpg
つまり弓なら、この石の部分にたって打ってると
直接攻撃を食らうことなく攻撃が可能。
(正しくは羽を使って登って、1歩歩いた箇所からダメージが通る)

3・ドラは向いている方向に2マス押してくる。
d0378819_21303609.jpg
私のキャラがドラだとすれば、黒い位置にいる場合は
赤い位置に押し戻してくる。

つまり、押し出しされないように、
かつ、石の上で弓を打てるのであれば弓キャラでも鐘楼は可能という推論が経つ。
というわけでとりあえずやってみた。
使ったキャラのスキル構成はこんな感じ。
d0378819_21345658.jpg
育成中のキャラなのでスキルはカナリ中途半端。
というか、中途半端でも十分勝てる算段があった。
きっときちんとしたスキルを揃えている人ならもっともっと楽だろう。
(騎士抜き包帯弓白豚)


手順を説明していく。
まずはベルを鳴らして羽を取る。
その後、4スミのいずれかに出るのだが、配置次第ではすぐに攻略態勢につく。
d0378819_11070809.jpg
現在ニワトリの居る位置している位置に陣取る。
UOA使用者限定の機能にはなるが、自分をニワトリに変化させておくと
位置取りが容易になる。ついでにほぼドラと直線にならなければ
横に押されてしまうので失敗する可能性もあるのでその際は
ある程度ダメージを与え、押されて落ちて羽取り直し。

基本的にドラは芝生に乗らなければあまり動かないので
現在画像のニワトリの位置からイグノアをウチ続けると押され始める。
押されて「2」の位置になったら2歩前進。
また押されて「2」の位置になったら2歩前進の繰り返し。
この画像では縦での配列だが四隅で同じスペースが有って
2方向でどこでも行うことが可能。

ドラの誘導がうまくいかない場合は適当に削って押し出された後
羽を取ってたった場所の隣(N方向に登って落とされた場合、E方向かW方向)に
登壇することができればドラを隣接せずに弓を撃ち続けることが出来る。


ついでに
d0378819_09193999.jpg
1回の登壇でイグノア連発しててこのくらいは削れる。
なので、コレを繰り返していくことである程度までは削れるのだが
特にHPバーが真っ赤になり始めたあたりからGHで粘るので
それに関しては装備品やスキル値しだいでは・・・ということも考えられる。
モータルがもうちょっと効果時間がながければまた違っていたのかも知れない。
d0378819_13204983.jpg
動きに関してはタイトロープ渡りのような
若干シビアな動きを求められるが、それ以外は基本死ぬ要素は少ない。




こんなバカみたいな戦い方が出来ない?
もっと簡単に、もっと安全に?
それならテイマーが一番だろう。

d0378819_13242816.jpg
抵抗値の関係から、使うペットはフロストドラゴン・コールドドレイク・WW・クリドラ(冷気)
Gドラの弱点属性をつくことが出来、かつ「飛行生物」であるペットを用意する。
個人的には数段階強化可能なコールドドレイクがオススメ。
構成は不調和テイマーバードで行いました。

手順を説明していく。
1:入場後、壇上のGドラに不調和を入れる。
2:鐘を鳴らし、羽を確保する。鐘を鳴らすときはインビジして鳴らし、ペットにタゲを取ってもらおう。
3:インビジしながらペットと共に壇上に上がる。
4:アタック命令を入れてGドラにぶつける。
(オプション:テイマーマスタリーIII/ダメージ無効を入れるととても楽)
5:ドラが押してきたらペットを巻きながらも落ちるのを待つ。
6:落ちたのを確認したら「all follow me」を自分もしくはGドラに向けて行う。
7:一部のポイントからペットが登壇するので再度アタック命令を入れる。
8:そのまま終了まで。

問題となってくるのは、一旦ドラが押されて外に出てしまった後どうやって登壇させるか。
基礎知識として、ペットの移動に関しては「attack」と「follow」では挙動が違う。
followの場合はあるていどの段差を飛び越え飛行することが出来るのを利用する。
押し出された際に鐘楼の壇上の上からフォローして上に上げることが出来る位置として
d0378819_13494918.jpg
このようなL字の角から上に上がれるようにフォロー命令を入れると
上に戻すことが可能となっている。
コレが面倒な場合は、一部段差のあるオブジェクトを置き、
擬似的な段差を作ることでその場所から上に上げることも出来るが
今回はそのやり方に関しては割愛する。

d0378819_13524242.jpg
やや時間はかかるものの、全く危なげのないクリアが可能。



他にもいくつかクリアできる構成が思いついてはいるが
それはまた後日の話としよう。



4/16はトリンシック討伐会
4/17は熊酒場→新リッチ(2人)で一日が終わりました。

[PR]
by todaysUO | 2018-04-18 14:06 | ○○を考える。(攻略系)